台湾転職サイトの裏側からみる 台湾の求職転職お仕事探し
104、1111、123、512・・・これがなんだかわかりますか?
きっと台湾通のあなたなら、こんな数字の羅列だけ見てピンと来るはず。そうこれらはすべて台湾にあるインターネット系人材会社の名前。台湾ではこうしたネットを使った人材紹介会社の利用がかなり普及しているようです。

台湾でお仕事を探している日本人の方もこれらサービスの利用をしたことがある、もしくはしようとおもったことがあるヒトが多いはず。でもこれを使って仕事ではなく、逆にヒト探しをしたことがあるヒトはそう多くないはず。

今回仕事で、台湾人社員を募集することになり、104人力銀行を使いました。人材側からではなく、企業からこうしたサービスを使った感想を書いてみたいと思います。

台湾最大手のネット系人材会社104の画面

1.履歴書の写真がプリクラ
登録者(人材)の履歴書を見て一番驚いたのは、写真のポーズ。およそ日本人が使う写真とはかけ離れたポーズで堂々と登録する方がちらほら。なかにはプリクラの写真を流用したのかと思う方も。

その人らしさがでているといえばそのとおりなのですけど、多分まじめなポジションには不釣合いかと思われました。ただ写真なしで登録しているのもちらほらあり、こちらもなんだか訳ありのように映りました。とにかく、プリクラ写真だったり写真が無い場合は申し訳ないのですが、スルーさせていただいております。

2.転職が多い台湾人
履歴書をみると、やはりみなさん転職が多いです。当然こうしたサービスに登録するヒトは転職したいヒトばかりだということは割り引いて考えなければなりませんが。

見た感じ、長くて3,4年、短い場合だと「先月入社したばかり」という方もいらっしゃいます。僕自身も数年で転職を繰り返した経験もあり、皆さん事情がおありなのは百も承知です。たださすがに数ヶ月で退職を繰り返すという方を上司に報告するのはやはり難しいです。なぜなら上司も台湾は転職が多いことはよく知っており、定着を最優先に考えているからです。ですので事情はよくわかりますが、そういった履歴書はスルーさせていただきました。
台湾でも転職は慎重に
3.アメリカやヨーロッパの大学院までいったヒトが多い
職種にもよると思うのですが、大学院で博士号まで取った人の履歴書もちらひらお見受けします。なかにはアメリカやヨーロッパの大学院までいったというかたもいらっしゃいました。

どんなヒトなんだろうと思って自己紹介欄をみると決まって英語で書かれていて、僕のような凡人には当然読めません。多分これが読めるくらいの担当者がいる会社にいきたいのだなと思いながらスルーしています。やはり中国語で書いていないと敬遠してしまいます。

4.希望給与がとんでもなく多く書く人がいる
3.でも紹介したようなヒトも含めて、希望給与をとんでもない額で書いているヒトが目に付くのも驚きです。

行政院労工(労働者)委員会が2013年6月5日に発表した統計によると、台湾の初任給は大卒で26,722元(日本円で約8万円)だそうです。なのに、彼らが記載する希望給与は6万-8万元(日本で約18万-24万円)、なかには10万(同約30万円)とかそれはそれは恐れ多いことこの上ありません。

となると、この人たちは希望給与の3倍くらいは稼ぐ自信はあるのだろう、と思ったりします。当然僕の会社ではそんなヒトが働く職場はなく、スルーしています。

次はこのネットの人材サービスの機能についてです。

5.個人の携帯電話番号、メールアドレスがまるわかり
このネット人材サービスは、企業側と人材側に仲介者があるわけではないので、企業側は履歴書にある電話番号やメールアドレスをたどって、本人と連絡をとります。だから履歴書には携帯番号やメールアドレスがまるわかり。悪意ある人間ならこれを悪用しようなんて考える余地が十分にあります。

しかし台湾でも個人情報保護法のようなものが施行され、個人情報漏洩となると企業にとんでもないくらいの罰金が科せられると聞きます。人材会社側もなんどもそうした行為は処罰の対象になる旨表示がたびたび出てきます。でも、正直その気になればなんでもできそうな気がしますけど。

6. どの人材が会社情報を見に来たかわかる
日本でももうそういう機能はあるかと思うのですが、企業からも人材側からもどんなヒトがお互いの資料を見に来たかわかるようです。企業にしてみれば、どのヒトがうちの会社に興味があるのかがわかるし、人材側もその逆で然り。これをお見合いサイトで採用してみたらどうかと考えてみたりしました。

7.私は時間を守ります!宣言
すこし笑ってしまったこの機能。面接の時間は絶対守ります、なんて宣言を履歴書でマークすることができる模様。企業側からもそうしたマークをチェックできます。

でもこれ、常識でしょうなんて考えてはいけない。こうしたネット系人材サービスを利用して人材募集をすると、一般の人材会社と違い、間に実質的なフィルターがかかっていないため、有象無象のとんでもない方がくる可能性が非常に高いのです。

例えば日本語を話せる営業を募集して、日本語がまったく話せないヒトが応募してくることが多数あります。事前に電話でチェックしたりしないと、いざ面接の段でとんでもないことが起こります。

話は脱線しましたが、「時間を守るマーク」なんて自称ゆえ、企業側でも気休めにしかなりませんが、実は企業側の機能にも「この人材、時間守らず」なんていうチェック欄があったりします。

僕もなんども転職を繰り返した経緯があり、自分自身のため、これから仕事を探すみなさんのため少しでもお役に立てばと思っております。 

筆者情報
筆者 AsakuraHisashi筆者 AsakuraHisashi
台湾基隆市在住 1972年生まれ
岡山県倉敷市出身
岡山県倉敷市随一の台湾研究家
台湾基隆市随一の岡山県研究家
台湾観光促進委員会岡山県担当」主宰
岡山県と台湾を結ぶお手伝いができる仕事を探しています。誰か紹介してください!!

アジアで働くことに興味をお持ちのあなたに